ナムグンミン新ドラマ【恋人】wowow放送決定!批判もあったが! | きぷすん公式サイト
PR

ナムグンミン新ドラマ【恋人】wowow放送決定!批判もあったが!

韓国ドラマ
記事内に広告が含まれています。

ナムグン・ミンさんの新ドラマ「恋人~あの日聞いた花の咲く音~」が、2024年5月3日からWOWOWで放送・配信されることが決定しました。

「恋人」は別タイトル「最愛の人」2023年韓国の放送局SBSで放送されたドラマです。

それでは、詳しく見ていきましょう。

【恋人】がwowowで配信決定

出典:ドラマ「恋人」

出典:ドラマ「恋人」

「恋人~あの日聞いた花の咲く音~」はWOWOWプライムとWOWOWオンデマンドで5月3日から金曜午後7時に2話ずつ放送・配信される予定です。

第1話は無料配信。

当初20話の予定でしたが人気になったため、1話延長したほどの大ヒットドラマです。

視聴率については第1話が5.4%

第10話では12.2%になっています。

第1話視聴率 5.4%
第10話視聴率 12.2%(90分)

最高視聴率は最終回(第21話)12.9%です。

『2023年MBC演技大賞』ではナムグンミンさんが大賞に輝き。

2021年に『黒い太陽』でMBC演技大賞を受賞して以来、2年ぶりの大賞を再び受賞。

ドラマ「恋人」は今年のドラマ賞を獲得しています。

ベストキャラクター賞に、キム・ジョンテさん。

ベストカップル賞はナムグン・ミンさんとアン・ウンジンさんが受賞しました。

ナムグンミン新ドラマ【恋人】に批判殺到って本当?

出典:ドラマ「恋人」

出典:ドラマ「恋人」

ナムグンミンさんの新ドラマ「恋人」は大ヒットしましたが、人気だったため視聴者から批判が殺到したドラマでもあります。

「恋人」は2023年8月4日に第1話が韓国で放送がスタート。

9月2日までパート1として第10話までが放送になりました。

この10話まで視聴した方から批判が殺到。

なぜなら、「風と共に去りぬ」にそっくりなストーリーだったからです。

ナムグンミンさんが演じるジャンヒョンはまるでレッドバトラーのよう。

さらにアンウンジンさんが演じるギルチェはスカーレットオハラです。

ただ脚本のファン・ジニョンさんは1936年の小説『風と共に去りぬ』からインスピレーションを得たものが本作であると明かしています。

小説では南北戦争に巻き込まれる主人公たち。

「恋人」では丙子の乱で恋を引き裂かれていきます。

さて2023年10月13日からパート2が始まりました。

もうここからは視聴者からの批判やバッシングの声は寄せられなくなりました。

なんといってもナムグンミンさんの演じるジャンヒョンが泣かせるのです。

一途に好きになった女性を思い続けるジャンヒョンに胸を打たれます。

落ち着いた声でやさしく語り掛けるナムグンミンさんの声を聞くだけで涙が止まらなくなりますよ。

【恋人】あらすじ

出典:ドラマ「恋人」

出典:ドラマ「恋人」

韓国ドラマ「恋人」のあらすじをご紹介しましょう。

1636年春、ヌングン里で成均館の儒生たちの熱い視線を集める容姿端麗で世間知らずな両班の娘ギルチェ(アン・ウンジンさん)は、片想いの相手ヨンジュン(イ・ハクジュさん)と親友ウネ(イ・ダインさん)が婚姻するのではとやきもきしていました。

花摘み行事の日、ジャンヒョン(ナムグン・ミンさん)という謎の男が現れます。

お高くとまっているように見えますが、実はいじらしく大胆なギルチェに惹(ひ)かれたジャンヒョンは、それから何かとギルチェを構います。

しかし一向に、相手にされません

ある日、後金(清)の軍隊が国境を越えて、朝鮮の首都・漢陽の近くまで押し寄せて来たという知らせが届き……。

wowow韓国ドラマスケジュール

次のwowowでの韓国ドラマスケジュールをご紹介します。

配信中 「王女ピョンガン 」
(全30話)
配信中 「太陽を抱く月」
(全20話)
4月15日 キム・テヒ
「庭のある家」
(全8話)
4月25日 キム・ミョンス
「ナンバーズ」
(全12話)
5月1日 「カンテク~運命の愛~」
(全32話)
5月15日 ナ・イヌ
「ずっとあなたを待っていました」
(全14話)
7月 ナムグン・ミン「昼と夜」
(全16話)

このページでは、ナムグンミンさんの新ドラマ「恋人」がwowowで5月3日から配信されるという情報をお伝えしました。

戦争という恐ろしい状況に巻き込まれる男女のロマチックでありながら涙なくしては見れないすばらしいドラマです。

序盤はハマれないかもしれませんが、中盤から次が気になって仕方なくなるようなドラマ。

ぜひ、ご覧ください。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント